大地宅配!息子達に残すレシピノート

   届いた野菜でなに作る?便利な宅配とコストコ活用術

混ぜるだけで簡単!チョコチップマドレーヌ

久しぶりにマドレーヌが食べたくなって焼きました。

マドレーヌと言えばシェル型のイメージがありますが・・・。実ははるか昔の若かりし頃、初めてマドレーヌ作りにトライして大失敗をしたことがあるのです。

その失敗の原因は、型からはずすタイミングオーブンの温度にありました。

ごく一般的な家庭用オーブンは下火が上火よりも弱いことが多く、きちんと庫内の温度を上げておかないときれいな焦げ色はつきません。

なので、レシピ本などではクッキーを焼く温度よりも高い設定になっているのです。マドレーヌの場合は、190〜200℃くらいに温めてから作るといい色に焼けるのですよ。

当時の私は予熱は完璧に200℃まで上げていましたが、天板を最初に入れ忘れていたため底の温度が上がらず、真っ白なマドレーヌが焼けてしまったのです。そしてもうひとつ、早くどんな風に焼けているのか確認したくて、まだ温かいのに型から出してしまったのですよー(笑)。

今の進化した型は違うかも知れませんが、いわゆる普通(アルミなど)の型なら完全に冷ましてから出さなければいけません。そうしないと1部がくっついてしまってきれいに外れなくて、せっかくのシェル模様がーーー!となるのです。

というわけで私の初マドレーヌは失敗し、それ以降作るときは気をつけるようにはなったものの、なにせシェル型のミニサイズ(しかも熱伝導がイマイチなもの)を1つしか持っていないので、何度も同じ作業を続けて焼くことが次第に面倒になっていき・・・。

でもマドレーヌは好きなのっ!

だから、今はマフィン型でマドレーヌを焼いちゃっています(笑)。

 

f:id:miocane:20170317095122j:plain

 

材料(ミニマフィン型約10個分)

薄力粉・・・60g

バター・・・50g

牛乳・・・大さじ2

卵・・・1個

グラニュー糖・・・50g

ベーキングパウダー・・・小さじ1/2

はちみつ・・・小さじ1

チョコチップ・・・15g

 

  1. 薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておきます。
  2. 耐熱容器にバターと牛乳を入れて、レンジ(800w)で約1分加熱。バターを完全に溶かします。
  3. ボールに卵を割り入れ、泡立器でよく混ぜます。
  4. 混ぜた卵に溶かしたバターを少しずつ加え、その都度よく混ぜます。卵が熱で固まってしまうので、必ず少しずつ加えてくださいね。
  5. 卵のボールにグラニュー糖とはちみつを加え、よく混ぜます。
  6. 生地がきれいに混ざったら、薄力粉とベーキングパウダーを加えてよく混ぜます。(ダマにならないようによーく混ぜてください)
  7. 生地を冷蔵庫で30分ほど休ませます。
  8. 冷蔵庫から取り出した生地にチョコチップを加えてまぜ、マフィンカップに入れます。(目安は約半分です。それ以上入れるとあふれてしまうことも・・)
  9. 190℃に予熱したオーブンに入れ、約15分焼けば完成です。

 

通常のマドレーヌなら溶かしバターを最後に加えることが多いのですが、作りやすいように液体と固体にわけて作ってみました。

基本的に順番に加えて、その都度混ぜていくだけなのでとても簡単だと思います。

そして、見た目はマフィンですが食べるとふんわり生地のマドレーヌなのですよー(笑)。もちろんシェル型で焼いてもOKですよ!(その場合は、必ず天板は先に入れて温めてくださいね。)

溶かしバターを使うとジェノワーズ(スポンジ)のようにふんわりやわらかく仕上がるので、マフィンより食感的にはマドレーヌの方が私は好きです。

みなさんはどうですか?

さて、今回は特別(?)熱伝導が悪くて古い型でもこんな風に焼けるのよーということで、シェル型でも焼いてみました。でもやっぱりうまく焼けてはいませんが・・・(苦笑)。(やっぱシェル型苦手〜)

 

f:id:miocane:20170317095407j:plain

 

ぐるぐる混ぜるだけでできるマドレーヌ、ぜひ作ってみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

Copyright© 大地宅配!息子達に残すレシピノート, 2015-2017 All Rights Reserved.