読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 大地宅配!息子達に残すレシピノート

   届いた野菜でなに作る?便利な宅配とコストコ活用術

リビングダイニングのダウンライト

照明の話を少し。

家をリノベーションしたとき、リビングとダイニングにそれぞれLEDダウンライトを設置しました。

 

f:id:miocane:20161225201537j:plain

 

これは入居前に撮った写真で、右上に光っているのがダイニングのダウンライトです。左右対称に写真右側にもうひとつ付いています。

今までダウンライトの色を特に意識したことはなく、今回の設置にあたって初めて色のことを考えました。

以前の住まい(マンション)にも廊下や洗面所などダウンライトがあちこちに付いていましたが、全て同じ色(電球色)だったんですよね。なので、リフォーム業者の人に『ダウンライトは何色にしますか?』と聞かれ、迷ってしまいました。

私の中のイメージはダウンライト=電球色だったし、取り付ける場所で色を変えるにしてもどの色が合うのかよくわからなくて。

 

LEDのK(ケルビン)

 

LEDの色は数値で表され、低い数値ほど赤っぽい色になります。その単位はK(ケーと呼ぶけど、正式にはケルビンらしい)。

こんな基本的なことも今回初めて知ったのですが、 今までも家のライトにLEDを使っていたものの、電気店で外箱の色をみて決めていましたからね・・・。2700Kとか5000Kとかさっぱりでした(笑)。

つまり2700Kが電球色になり、5000Kが昼白色、6500Kは昼光色となるのです。

 

f:id:miocane:20161225194659j:plain

 

結局、ダイニングのダウンライトは2700Kにしました。つづき部屋のリビングにも同じ色のものを設置しました。

ダイニングは明るさよりもちょっと落ち着いた雰囲気を作れるように、またテーブル上のペンダントライトだけでは暗いときにプラスで使えるようにと考えました。

上の写真は、ペンダントライトを消してダウンライトだけにしたものです。どうでしょう?ちょっと落ち着いた感じになっていると思いませんか?6500Kの明るく青白い色よりも断然いいんじゃないかと思うのですが、どうでしょう。

 

間接照明はどう?

 

ところで、学生時代の友人に『電気スタンド』が好きな人がいました。

とってもおしゃれで、個性的だけれど嫌みがなくてすごくすてきな友人でした。その友人の家に遊びに行ったときのこと、リビングの照明が天井にはなく、全て間接照明と電気スタンドだけだったのでびっくりしたんです。はじめは少し暗いと感じましたが、思いのほか落ち着いて食事ができたんですよね。このセンスは見習いたいなーと思ったものです。

 

 

 

よく間接照明がおしゃれだと言われていますが、間接=壁や天井を照らした反射光のことなので床に置くスタンドなどは全て間接照明ではないんですよね。

ならば間接照明を使って、我が家を『演出』する必要はないかなーと思いダウンライトの2700Kに落ち着きました。まあ、反射光を使うような高級感漂う家ではないですし・・(笑)。今回のリノベーションでは、本当にいろいろ学ぶことがありました。

 

写真は、クリスマスの夜食。

ケーキ作りで残ったチョコレートムースと今年のボジョレーヌーボーです。いよいよあと1週間で今年も終わりですね。やっとこさ年賀状も投函でき、やれやれです。

  

スポンサーリンク

 

Copyright© 大地宅配!息子達に残すレシピノート, 2015-2017 All Rights Reserved.