読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 大地宅配!息子達に残すレシピノート

   届いた野菜でなに作る?便利な宅配とコストコ活用術

卵だけで膨らむ!余計なものを入れないシンプルシフォンケーキ

久しぶりにシフォンケーキを焼きました。しかも抹茶味。

なぜかと言うと、少し前にブログでお知り合いになった方が、奥様と召し上がるためにきれいな抹茶色のシフォンを焼かれていて、その焼き色がそれはそれはおいしそうだったのですよ。

お料理もされるすてきな方のブログはこちら 

 

「そう言えばしばらく焼いていないかも。」

そんなことを思っていたら、たまたま夫もケーキが食べたいと言ったので「じゃあ、シフォンケーキを焼くね」となりました。

シフォンケーキは比較的失敗率が高いケーキです。

どんなお菓子もそうですが、失敗はつきものです。その原因がわかると腕も上達しますから万が一失敗しても、ガッカリしないで作り続けてほしいと思います。

さて、今日ご紹介するレシピは、ベーキングパウダーを入れないシンプルなもの。分量を守れば失敗なく焼けると思いますよ。それに卵の卵黄が余らないのがポイントです(笑)。

 

f:id:miocane:20170216163721j:plain

 

材料(18cmシフォン型1台分)

卵・・・4個

薄力粉・・・50g

抹茶・・20g

グラニュー糖・・・70g

水・・・50ml

サラダ油・・・30ml

 

  1. ボールを2つ用意して、卵を卵黄と卵白にわけておきます。
  2. オーブンを170℃に予熱しておきます。
  3. 卵黄を泡立て器でよく混ぜ、水を少しずつ加えながらさらに混ぜます。
  4. 次にサラダ油を加え、よく混ぜます。
  5. 薄力粉と抹茶を合わせて2回ふるったものを卵黄のボールに加え、泡立て器でダマにならないようによく混ぜます。 
  6. 卵白を泡立て器で混ぜ、白くふんわりとしてきたら、グラニュー糖の半量を加えてさらに泡立てます。
  7. きれいに混ざったら、残りのグラニュー糖を加え角が立つまでしっかりと泡立てます。
  8. 卵黄のボールに、メレンゲをお玉一杯分くらい入れよく混ぜます。
  9. きれいに混ざったら、残りのメレンゲを2〜3回に分けて入れ、今度はゴムベラを使って泡をつぶさないように底からすくいあげるように混ぜます。
  10. 混ざったら型に流し入れます。
  11. 予熱したオーブンに入れ、30〜32分くらい焼けば完成です。
  12. オーブンから取り出したら、すぐにワインボトルなどを使って逆さまにして冷まし(凹まないように)、冷めたらナイフや竹串などを使って型からはずします。食べるときに、ホイップクリームを添えてもおいしいですね。

 

f:id:miocane:20170216163704j:plain

 

シフォンは、くっと押したときに『シュワ』っと泡がつぶれる音がします。これが鳴れば成功ですよ(笑)。

 

f:id:miocane:20170217090308j:plain

 

昔の話ですが、息子がまだ小さい頃に洋菓子教室に通っていたことがあります。

そこでは毎月本格的なケーキを習って作っていました。材料は1g単位できっちり計り、でき上がった生地を型に入れるときもボールに生地が残らないようきっちり移し、限りなく正確に作ることが成功するコツだと教わりました。

そのとき、初めてお菓子作りが体力がいるものなんだと痛感したのです。腕を使ってガンガン泡立て、時間との勝負!なにより手際良く動く!そんな感じだったから。作り終わったときは、本当に疲れていました(笑)。でもその分完成したケーキは、感動ものばかりでしたけど。

確かにどんなお料理やお菓子作りも、レシピ通りに作ると失敗は少ないと思います。でも毎日作る立場になると、多少アバウトである方が楽なときも多いのです。

私のレシピは、ほぼ簡単に作れるようアレンジしたものがほとんどです。なので気軽に作ってもらえるとうれしいです。

意外と適当に作っても、おいしくできるのですよ。

 

スポンサーリンク

 

Copyright© 大地宅配!息子達に残すレシピノート, 2015-2017 All Rights Reserved.